Chrome拡張機能を使って打刻する

Chrome拡張ではTimeCrowdにかんたんにアクセス出来る他、ブラウザ画面名をタスク名にして1STEPでかんたんに記録をスタート出来ます。

1. Chromeに拡張機能を追加する

Chromeに拡張機能を追加する

Chrome拡張機能のダウンロードページ にアクセスして拡張機能を追加します。

TimeCrowdにログインする

拡張機能を追加後に、TimeCrowdにログインしてください。

2. 拡張機能のアイコンをクリック

拡張機能のアイコンをクリック

3. タスクのタイトルを入力するorブラウザ画面からタスク名を入力する

タスクのタイトルを入力するorブラウザ画面からタスク名を入力する1

この時リンクアイコンをクリックすると、表示しているWebサイトのタイトルが取得され、そのままタイトルにして打刻することができます。

タスクのタイトルを入力するorブラウザ画面からタスク名を入力する2

4. カテゴリーを選択し(①)、開始ボタン(②)をクリック

カテゴリーを選択し(①)、開始ボタン(②)をクリック

5. 終了時に停止ボタンをクリック

カテゴリーを選択し(①)、開始ボタン(②)をクリック

一度行ったタスクを再開する場合は、過去のタスクのスタートボタンを押して再開することもできます。
参考:日々の活動を打刻する

備考:「#」や「#!」を含むURLの打刻について

URLにハッシュ(#)やハッシュバング(#!)が含まれる場合、打刻時にタスクに紐づくURLの保存方法が異なります。

ハッシュ(#)が含まれるURLの場合

通常はハッシュ以降を省略して保存します。
例)https://timecrowd.net/#id=123456 →  https://timecrowd.net/

ただし、以下のサービスはハッシュ以降の文字列で個別のデータ等を表しているため、例外的にハッシュを省略せず保存します。

  • Gmail
  • kintone
  • Jotoo

ハッシュバング(#!)が含まれるURLの場合

省略せずにURLを保存します。