TimeCrowdヘルプセンター

タイムクラウドに最近追加された機能などをお知らせします。

Google Calendar との連携方法

出来ること

Zapierというサービスを利用することでTimeCrowdの打刻をGoogle Calendarに記録することができます。

 

設定方法

1.チームを選択し、「高度な設定」をクリック

チーム管理(①)をクリックし、チームを選択して(②)、「高度な設定」(③)をクリックします。
f_googlecalendar_01


2. Zapierにログインもしくは新規登録する

https://zapier.com/

02.png


3. ログインした状態でweb hookとGoogle Carendar連携のテンプレートにアクセスし「Create this Zap」をクリック

https://zapier.com/app/editor/template/1754にアクセスし「Create this Zap」をクリックします。
05.png


4. 「Continue」をクリック
07.png

08.png

5. Web Hook URLをコピーする
09.png


6. TimeCrowd側でURLを設定して「作成」をクリック

「5. Web Hook URLをコピーする」でコピーしたzapier.comドメインのURLを入力し(①)、どのタイミングでSlackに通知するのかを選択して(②)、「作成」(③)をクリックします。

f_googlecalendar_02

7. Zapierに戻って「OK, I did this」をクリックし、すぐにタスクをスタートさせる

Zapierとの疎通を行うため、仮のタスクをスタートさせます。
Webhookを設定したチームで、タスクを用意して下さい。(カテゴリーやタスク名は何でも構いません)

「OK, I did this」を押すと「Looking for the hook, this might take a sec...」と表示されるので表示されている間にタスクをスタートさせ、5秒ほどでストップします。(これが遅すぎるとZapier側でタイムアウトになります)

 

10.png

12.png

8. 「Test Successful!」と表示されたら「Continue」をクリック

「Test Successful!」と表示されたら、下の文章の「view your hook」をクリックします。

f_Gcal_03092.png

「time_entry_started_at」「time_entry_stopped_at」の両方に値が表示されていたらOKです。

どちらかに値が表示されていない場合、最後にエラーになります。「Re test Webhooks by Zapier to get another hook」をクリックして再度テストを行ってください。

f_Gcal_03091.png

テストが成功したら「Continue」をクリックします。

13.png



9. Google Calenderに登録するタイミングを設定して「Continue」をクリック

15.png

16.png

どのアカウントに登録するかを選択します。

17.png

開始時刻 / 終了時刻を設定します。

18.png


10. 成功したらFinishをクリックすれば完了です
20.png