二要素認証を設定したい

二要素認証は「IDやパスワードを記憶していること」に加えて「予め登録された端末を所持していること」など、
認証のために必要な要素を追加することで、セキュリティを高める方法です。
(二段階認証と呼ばれることもあります。)

TimeCrowdでは「Google Authenticator(※)」などのアプリを使った二要素認証に対応しています。

※ Google Authenticator(Google認証システム)は以下のリンクからインストールできます。

1. 二要素認証を有効化する

1.1 設定画面を開く

① 個人設定をクリック
② 二要素認証をクリック

two-factor-auth-1

1.2 初回のワンタイムパスワードを入力する

① 有効化をチェック
② 「Google Authenticator(Google認証システム)」などのアプリでQRコードを読み取る
③ アプリに表示されたワンタイムパスワードを入力
④ 保存をクリック

two-factor-auth-2

1.3 有効化されたことの確認

① バックアップコード欄が表示されることを確認する

two-factor-auth-3

1.4 バックアップコードをダウンロードする

バックアップコードは二要素認証を設定した端末を紛失した場合などに使える、非常用のコードです。
TimeCrowdでは10個のバックアップコードが用意されており、それぞれ1度きりのみ使えます。

バックアップコードは「timecrowd-backup-codes.txt」というファイル名で保存されます。
安全に保管してください。

① ダウンロードをクリック

two-factor-auth-4

1.5 バックアップコードがダウンロードされたことの確認

① ダウンロード済みの表示を確認

two-factor-auth-5

以上が、二要素認証を有効化する手順です。

2. 二要素認証を無効化する

2.1 有効化設定を変更する

① 有効化のチェックを外す
② 保存をクリック

two-factor-auth-6

2.2 無効化されたことの確認

① 保存をクリックした後にエラーメッセージが表示されないこと

two-factor-auth-7

以上で、二要素認証が無効化されます。

3. 二要素認証を使ってログインする

二要素認証を有効化すると、次回以降のログインの際にワンタイムパスワードが求められるようになります。

3.1 メールアドレスとパスワードの入力

① メールアドレスを入力
② パスワードを入力
③ ログインをクリック

two-factor-auth-8

3.2 の入力

① ワンタイムパスワード/バックアップコードを入力
② ログインをクリック

two-factor-auth-9

ログイン後は、二要素認証を有効化する前と変わらず、TimeCrowdをお使いいただけます。