TimeCrowdヘルプセンター

タイムクラウドに最近追加された機能などをお知らせします。

単価×時給の端数処理を設定する

1. 「チーム管理」で設定するチームを選択し、「金額の端数」をクリック

tanka1-1

 

2. 切り捨て/四捨五入/切り上げの中から選択

tanka2-1


CSVレポート等に記載される金額(単価×時間)は、以下の計算のように、秒単位で計算されます。
時給 x 作業時間(秒) / 3600(秒=1時間)

例)時給が2000円で、58分20秒作業した場合
2000(円/h) x 3500(58分20秒) / 3600(秒) = 1944.444444444(円)

「切り上げ」に設定すると、1945円
「切り捨て」に設定すると、1944円
「四捨五入」に設定すると、1944円